スタッフブログ

川に咲く白い花❀梅花藻

2018.07.13

みなさん、こんにちは。

今日は一日晴れて日中は日差しも強くなり暑くなりました(^_^;)

こんな日は冷やしトマトやかき氷、アイスなど冷たいものが食べたくなりますね☆

トマトといえば、もう夏野菜が収穫できる時期ですね。

夏野菜は身体を冷やす野菜が多く、食べすぎには注意ですが、体内の熱を放出してくれるので、暑い季節にはぴったりです。

ナスやキュウリ、スイカなど夏が旬で土の上に実をつけるものは身体を冷やす効果があるそうです。

家では今の時期によく、茄子の揚げびたしやキュウリの塩もみなどを食べます。

夏野菜で簡単にしかも健康的に涼しくなっていただけると思います。ぜひ、夏野菜のお料理をためしてみてくださいね。

 

さて、今日は夏のお花「梅花藻(ばいかも)」をご紹介したいと思います。

みなさまは梅花藻と言われてすぐにどんな花か想像できますでしょうか?

漢字からすると、梅の花のようなのかな?と想像はできると思いますが、「藻」なので水中に花が咲きます。

詳しく説明しますと、キンポウゲ科の植物で流れのある冷涼の清流中に生育し、初夏から初秋にかけてウメの花のような白い花を水中につけます。

流れがないと成長しないそうで水槽などで飼育するのは難しいそうです。

そんな梅花藻ですが、お隣の市の米原市醒ヶ井に「地蔵川」という有名なスポットがあります。

地蔵川は湧水でできた川で、水温も低く梅花藻が生息しやすい環境です。

その川に梅花藻が群生していて、ちょうど今が見頃ですのでたくさんの鑑賞者でにぎわっているそうです。

淡水魚の「ハヨリ」が見られることもあるそうですよ(゜))<<

涼しい風景を見に足を運んでみてはいかがですか?

 

 

詳しくは、観光協会HPにも記載されていますのでご覧ください(^^)

観光協会HP→http://kitabiwako.jp/spot/spot_362/

46cd52bcd3096c2e0ca704282836eb35-1024x768

 

 

友だち追加数 公式LINEでお得な情報を受信しよう!

© 2018 北近江リゾート All rights reserved.