木之本のダイコウ醤油を使用したサ活メニュー🍴

2021.07.08

皆さん、こんにちは(^O^)/

北近江食堂で提供しているサ飯メニューはもう食べましたか?

サウナの後にガッツリ食べたいメニューとして考案されたサ飯は濃い味付けでサウナで流した汗の分塩分補給にぴったりのメニューです。

 

その中で人気メニューの北近江食堂特製生姜焼き豚バラ丼には地元のダイコウ醤油のお醤油を使用しています。

甘さ控えめで、生姜がガツンと効いた生姜焼きはボリューム満点の豚肉とシャキシャキのお野菜が入って香ばしいダイコウ醤油が決め手の一品です。

オプションの温泉卵🥚を加えると一気にまろやかになり、2度楽しめるメニューです。お漬物とお味噌汁もついて、栄養バランスも考えられたメニューです☆

暑い時期はビール🍻やかき氷🍧など冷たいものをたくさん食べてしまいがちですが、胃腸が冷えると吸収能力が減り免疫力も落ちて夏バテになりやすいそうです。

暑い時こそ熱いメニューがいいのは、内臓を温めることで、臓器が活発になり、汗をかくことで体表温度が下がり結果として体が冷やされるからだそうです。

 

生姜は殺菌力が強く、胃液の分泌を促し、新陳代謝を高め発汗を促す作用のある夏にぴったりの食材★

冷たいビールを飲んでも、温かいご飯やお味噌汁と一緒に食べれば夏バテ予防にもなりますね✨

 

ダイコウ醤油の商品は売店でも販売しています!

 

生姜焼きに使用している醤油「はいざくら」の他に、ゆずポン酢とたまりせんべいも販売中です♪♪

ぜひお帰りの際にご自宅用にご購入いかがですか(^O^)/